表現の自由とメディアの現在史 - 田島泰彦

田島泰彦 表現の自由とメディアの現在史

Add: ofyzivy35 - Date: 2020-12-05 11:50:28 - Views: 4608 - Clicks: 8879

田島 泰彦/編 人権か表現の自由か : 個人情報保. 【tsutaya オンラインショッピング】表現の自由とメディアの現在史/田島泰彦 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販. 田島 泰彦氏のご紹介。経歴、著作等。日本評論社は1918年創業。法律時報、法学セミナー、数学セミナー、経済セミナー、こころの科学、そだちの科学、統合失調症のひろば、など評価の高い雑誌を定期刊行しています。. 表現の自由とメディアの現在史 - 統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア - 田島泰彦 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 表現の自由とメディアの現在史 表現の自由とメディアの現在史 - 田島泰彦 統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア isbn. 『表現の自由と検閲を知るための事典』や『人権か表現の自由か―個人情報保護法・メディア規制立法を問う』や『監視スタディーズ――「見ること」「見られること」の社会理論』など田島泰彦の全22作品から、ブクログユーザの間で人気の作品が. 田島泰彦著統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア民主党政権成立前後から第2次安倍政権における表現の自由とメディアに関する論点、展開を記録し、その問題点を提示する。内容(「BOOK」データベースより)言論の自由と知る権利を取り戻し、メディアの再生を図るために.

6 形態: vii, 277p ; 19cm 著者名: 田島, 泰彦(1952-) 書誌ID: BB28497697. 第1章 自公政権から民主党政権へ 年 第1節 個人情報保護法と情報統制 第2節 表現の自由とジャーナリズムを読む 第3節 民主党政権におけるメディアの役割――報道の多様性を奪う、官への取材規制 第2章 民主党政権下の表現の自由とメディア 年~年 第1節 民主党政権におけるメディア政策と規制――原発報道と検察監視も含め 第2節 秘密保全法案と共通番号制 第3節 人権侵害救済法案から人権委員会設置法案へ 第4節 青少年条例改正と児童ポルノ法改正 第5節 報道の自由と規制をめぐって 第3章 安倍政権下の表現の自由とメディア 年~年 第1節 安倍政権で進む統制と監視――マイナンバー法も含め 第2節 秘密保全法案から特定秘密保護法へ 第3節 市民監視の強化と共謀罪の創設 第4章 情報統制と放送への介入 第5節 憲法改正案と表現の自由 第6節 児童ポルノ法改正とヘイト・スピーチ規制 第7節 報道の自由とジャーナリズムをめぐって 第4章 表現の自由とメディアの現在 年~ 第1節 表現の自由と規制をめぐる動向 第2節 社外言論 第3節 公文書の隠ぺい・改ざんと改革の課題. 表現の自由とメディア - 田島泰彦 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 表現の自由とメディアの現在史 : 統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア 資料種別: 図書 責任表示: 田島泰彦著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本評論社,. book review 市民の奮起が情報環境の「現在史」をのり超える ── 田島泰彦 著『表現の自由とメディアの現在史』(日本評論社). (日本評論社・2376円) 日本のメディアを取り囲む、振り払えない窮屈で重苦しい空気。瀕死(ひんし)の状況に置かれた「表現の自由」を. 日本アニメーション業界の現状――「京アニ」事件を通してみる 萩原由加里.

/ 日本評論社 / 田島泰彦 内容紹介:民主党政権成立前後から第2次安倍政権における表現の自由とメディアに関する論点、展開を記録し、その問題点を提示する本。. 6: 大きさ、容量等: 277p ; 19cm: 注記. 表現の自由とメディア・年夏――東京オリンピックと「表現の不自由点・その後」をめぐって 田島泰彦. この本で私が究明し、明らかにしたいのは、この国の表現の自由はこれまでどこまで来ていて、これから先どこに向かおうとしているのか、また表現の自由とジャーナリズムの担い手たるメディアはその任務と役割をどう果たし、今後どこに進もうとしているのか、という大切な問題である。 この点について、本書では、表現の自由とメディアをめぐる現在的展開を、前史的な序論の後、年以降の自公政権末期から民主党政権への転換、年からの民主党政権下での動向、年自公政権の復活と安倍政権の成立から現在まで、特に具体的な事例やイッシューに即して、立ち入って検討し、考察を加えてみたい。本書のベースになっているのは、表現の自由とメディアに関する時事的な論点につき時々に公表された論考なので、事柄をより臨場感ある形でお伝えできるのではないかと希望している。 著者は、憲法、メディア法を専攻し、特に、表現の自由やメディアの規制を中心に研究を進めてきた。その中で今世紀初頭、表現の自由の視点から個人情報保護法などのメディア規制三法を中心に批判的に吟味する『人権か 表現の自由か』(日本評論社、年)や、有事法制やイラクへの自衛隊派遣も含む表現・メディア規制をまとめた『この国に言論の自由はあるのか』(岩波書店、年)などで、規制と統制が進む表現の自由の危機的事態を指摘してきた。 本書をお読みいただければわかるように、特定秘密保護法や共謀罪法の成立を含め、表現規制や情報統制は、年の自公政権の復活と第2次安倍政権の下で急速に進展した。が、その前に展開したメディア規制三法や軍事的情報統制がそれを準備し、その土台を築いたのも確かだ。また、共通番号制や秘密保全法制を民主党政権が用意し、自公政権がこれを受け継ぐことになった点も見逃せない。さらに、こうした表現規制や情報統制の強化のなかで、メディアはそれに毅然と対峙できず、権力を厳しく監視するジャーナリズムの役割を担い切れないことにも留意が求められよう。 この国の表現の自由とメディアの現在を直視すると絶望感にもさいなまれるが、表現の自由や知る権利、権力を監視するジャーナリズムが、市民社会と民主主義に欠かせないのも自明である。こうした自由と権利を取り戻し、メディアを再生するために、本書が一定の提起を果たせれば幸いである。 厳しい出版事情のなか、法.

| 田島泰彦の商品、最新情報が満載!. 著:田島 泰彦. 第6回 /12/ 4(水) 憲法改正と表現の自由:表現の自由の観点から自民党などによる憲法改正案とメディアの役割を吟味する。 備考 【テキスト・参考図書】 テキスト 『表現の自由とメディアの現在史』(日本評論社)(isbn:)田島泰彦 著. 著者 田島泰彦 (著). 田島泰彦著『表現の自由とメディアの現在史』. 今週の本棚・新刊:『表現の自由とメディアの現在史』=田島泰彦・著 - 毎日新聞 学び カテゴリーの変更を依頼 記事元: mainichi.

See full list on web-nippyo. 「表現の自由とメディアの現在史 統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア/田島泰彦」の通販ならLOHACO. 日本評論社 田島泰彦. 6 形態: vii, 277p ; 19cm ISBN:著者名: 田島, 泰彦(1952-) 書誌ID: BB28497697. 田島 泰彦(たじま やすひこ、1952年 8月23日 - )は、日本の法学者。 元上智大学 文学部 新聞学科 教授。 専門は憲法、 情報メディア法. 表現の自由とメディアの現在史 : 統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア フォーマット: 図書 責任表示: 田島泰彦著 出版情報: 東京 : 日本評論社,. 表現の自由とメディアの現在史 統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア/田島泰彦【合計3000円以上で送料.

著者 田島 泰彦 【著. 田島, 泰彦(1952-), 右崎, 正博(1946-), 服部, 孝章 三省堂 2 図書 人権か表現の自由か : 個人情報保護法・メディア規制立法を問う. Amazonで田島 泰彦の表現の自由とメディアの現在史 統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア。アマゾンならポイント還元本が多数。田島 泰彦作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 18〉 「私の考え方の基本は9 条改正にある」と発言する安倍首相. 少年事件報道と法 : 表現の自由と. Amazonで田島 泰彦の表現の自由とメディアの現在史---統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア。アマゾンならポイント還元本が多数。. 表現の自由とメディアの現在史 統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア:こだわりの本やコミックをきっと見つけられるヤマダモール。エッセイ・法律書籍からコミック・デザイン雑誌まで取り揃え!. 表現の自由とメディアの現在史 : 統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア フォーマット: 図書 責任表示: 田島泰彦著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本評論社,.

jp 適切な情報に変更. 服部孝章 改憲動向レポート〈no. 田島 泰彦/著 報道の自由と人権救済 : 《メディ. 表現の自由とメディアの現在史 : 統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア: 著者: 田島泰彦 著: 著者標目: 田島, 泰彦, 1952-出版地(国名コード) JP: 出版地: 東京: 出版社: 日本評論社: 出版年月日等:. 田島泰彦/,新倉. オリンピックを考える 末延渥史.

1 形態: viii, 263p ; 22cm 著者名:. 表現の自由とメディア フォーマット: 図書 責任表示: 田島泰彦編著 ; J・スティール ほか 著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本評論社,. 盗聴法の総合的研究 : 「通信傍受. 田島 泰彦『表現の自由とメディアの現在史 統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理.

表現の自由とメディアの現在史 統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア - 田島泰彦/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。. 右崎正博(憲法学) 《私の読んだ本》 土井隆義著『「宿命」を生きる若者たち 格差と幸福をつなぐもの』 (曽田陽子:元教員) 斎藤幸平著『大洪水の前に マルクスと惑星の物質代謝』 (岩佐 茂:社会. 「表現の自由とメディアの現在史」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができるサービス. 表現の自由とメディアの現在史 統制される言論とジャーナリズムから遠ざかるメディア. 6 形態: vii, 277p ; 19cm 著者名: 田島, 泰彦(1952-) 書誌ID: BBISBN:. 田島 泰彦/編,. 田島泰彦 | HMV&BOOKS online | 1952年、埼玉県秩父生まれ。上智大学法学部卒業、早稲田大学大学院法学研究科博士. 奥平 康弘/監修.

表現の自由とメディアの現在史 - 田島泰彦

email: ebilyn@gmail.com - phone:(575) 255-5238 x 9599

中島丈博シナリオ選集 - 中島丈博 - インフラエンジニア教本 Design

-> 債権回収の基本知識 - 小林英明
-> モノも石も死者も生きている世界の民から人類学者が教わったこと - 奥野克巳

表現の自由とメディアの現在史 - 田島泰彦 - 片岡芙佐子 スプラウトレシピ


Sitemap 1

台湾総督府文書目録 第6巻 - 中京大学社会科学研究所 - 馬場辰猪 杉山伸也 日記と遺稿